スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいシューズとジャケット

先日、イギリスからオーダーをした新しいシューズとジャケットが届きました。

montrail.jpg

シューズは日本ではおなじみ、モントレイルのマウンテンマゾヒスト。
イタリアでは殆ど手に入りません。
僕はサロモンのXT WINGがお気に入りで、すでに現在3足目ですが、ソールがかなり減ってきていたので
オーダーをしようと物色していたところ、このマウンテンマゾヒストが特価で55ポンドだったんです。

モントレイルはトレランがはやりだす前の1999年くらいに一足持っていたのですが、トレイル用は
初めて。すこしサロモンから浮気して使ってみようと思います。

もうひとつは、HAGLOFSのOZO PULLOVER.

これは、本当にいい買い物でした。
ゴアテックスPACKLITEを使用したジャケットでは、おそらく最軽量の部類に入ると思います。
Lサイズで170g。 僕が持っているノースの同じくゴアのpackliteのジャケットが310gなので
100以上の軽量化。僕はあまり重さは気にならないのですが、軽量化された分バックパックの収納
がかなり余裕ができるのがポイントでしょうか。

このジャケットはプルオーバーなので、ジッパーが全開しません。つまり脱いだり着たりするのが
少し面倒なのですが、よく考えるとそう頻繁に脱いだりするわけではないし、ジッパーが少ない分
おなかの部分のダブつきがすっきりして、なによりもコンパクトになることを考えると問題がないかな
と思いました。

お値段ですが、日本ではこれ、50000円以上するようですが、シューズと同じところでは
なんと170ポンド! 嫁のと一緒に買っても日本で1枚買うより、今の為替では安いのは
お買い得。

ということでおそろいでゲット。 

昨日、早速雨のレースで活躍しました。 

スポンサーサイト

イタリアのトレランアイテム事情 コンプレッション編

先日の記事の続きというか補足です。

日本の雑誌をみていると、ロード、トレイルにかかわらずいろんなコンプレッションタイツ類
がありますよね。

一方ここイタリアではあまり見ることができません。

ヨーロッパの他の国、特に英、仏それにスカンジナビアあたりの国では、もう少し流通しているようですが。

先日来すこし触れたskinsで例を挙げてみます。

僕もskinsのタイツは1枚持っています。ちなみに英国のウェブショップで買いました。どうしてかというと
イタリアでは見つけられなかったこと(1年半くらいまえ)日本で買うより安かったことでした。

イタリアでも最近はちょくちょく見ることがありますが、それでもまだ少数。そんななか住んでいる街にある
ランニング専門店を先日初めて訪れたらskinsがありました!

僕の友達の元同僚がオーナーなので、いろいろと話を教えてもらいました。

ます、skinsの流通、認知度に関して。これは残念ながら市場に入ってきたときから殆ど横ばいだそうです。
その理由ですが、

圧倒的なPR不足。 結論を言うと代理店の販売力が弱すぎるそうです。僕は日本でどのようにSKINSが認知されて言ったかわかりませんが、決して安くない商品、でもTVまでとはいかずとも雑誌で定期的に宣伝したり、有名な
アスリートが使っていると、やはり興味が出てほしくなってきますよね。
ここはそういうのがないんです。


一般的にイタリアには小さなアウトドア代理店がいっぱい存在します。でも彼らは総じて小規模で全国を自分たちの営業部隊でまかないきれません。よって各エリアにセールスレップのような販売代行をかかえているのですが、
販売代行の出来は人によって天地ほどの差があるのと、彼らは売っただけコミッションが入るので、ブランディングなんか問題にしていません。

で、なかのいい小売店の客先などにSKINSおいてくれと頼みかけるわけですが、雑誌での宣伝なし、話題もなし
コンプレッションタイツって?みたいな市場で、あの値段では売れるはずがないですよね。

結果、店頭で売れず引き上げられるー>販売不振ー>代理店の鞍替え
で、一向に市場に認知されないようです。

これは、彼が実際SKINSのこのエリアの代行もかねて売っていたのでその経験からの話です。

さて、英国で、結構お買い得値段で買えるWEB SHOPがあるんです。

ひとつは日本でも有名なWIGGLE. ここはメインがサイクル関連ですがランニングもロードを中心に
充実しています。SKINSは扱っていませんが、2xuなどは結構安いと思います。
ある程度買えば日本までも送料が無料とのことなので、まとめ買いなどをすればお得だと思います。
僕もよく使用します。

もう一軒はコンプレッション専門のcompressionyourself.com
使用したことはないですが、ここもskinsをはじめコンプレッション関連が充実していて
お買い得です。今は円が強いので特に日本からは買い時かも。




イタリアのトレランアイテム事情

日本のトレイルランニング関連の記事や雑誌を見ていていつも思うことは
日本は本当にいろんなメーカーやアイテムが充実していること。また
アウトドアメーカーと雑誌などの媒体、それに有名ランナーなどの着用やスポンサー
契約などで、トレイルランニングのスタイルというものがある程度できている
ように思えます。

一方、イタリアではまず、ブームを引っ張る中心的な媒体が存在しません。
なので20km前後のトレイルだと、普段はロードで走っている人が参加している
ことも多く、足元もアシックスのロード用だったり、手ぶらで参加しているような
人も結構いるんです。

さて、僕はもともと商社で繊維関連を扱っていたので、スタイルやモノにも興味があるのですが
イタリアにいると、目にするブランドやアイテムが非常に限定されるんです。

まず、比較的見つけることができるのは、パタゴニア、ノース、たまにホグロフスやアークテリックス
など。一方、日本では過半数のひとが使用しているグレゴリーはほぼ無、モントレイルも非常に少ない
ネイサンは一応代理店があるが、非常に弱小なのでほとんど流通していません。
日本ではおなじみのコンプレッション関連も非常に限定されています。2XUは今まで一度だけ、SKINSは
最近ちょくちょく見かけますが、それでも浸透率は???。

SKINSに限って言うと、とにかく宣伝PRが非常にお粗末なので、認知度があがらない、よって効果を
宣伝する前に価格が高いという評価で市場に浸透しない、よって代理店がころころ変わるというような
状況だそうです。

また、ジェル関連も本当に限定されますね。ほんと最小限です。アミノ酸関連もあるにはありますが、
種類が少なく、レースで携帯できるようなパッケージはありません。もちろんアミノ酸ドリンクも
ありません。ヴェスパのようなものもありません。クエン酸って???って感じです。
おまけにジェルも値段高いし。。。。

一方、比較的流通しているブランドですが、やはりサロモンがダントツでしょうね。
これはフランスでもそうです。確かにブランドとして結構トレランに力をいれているようですし、
レースで足元を見ると、半数ぐらいはサロモンです。僕も最近ここのアイテムがお気に入り
ですね。

あと、スポルティーバ、これも代表モデルは結構流通しています。おなじくイタリアブランドの
MONTURAも最近みかけます。

これに加えて、フランスではRAIDLIGHTがサロモンと同格くらいの認知度でがんばっています。
ここはトレランやアドヴェンチャーレースなどに特化して商品を作っているので、商品自体の
バラエティーはあるのですが、悪く言えば幅を広げすぎて、アイテムの細部などのつくりは
サロモンなどにはかなわないのかな、、、とうのが僕の感想。。

僕のささやかな楽しみ。次に帰国する際に、日本でトレラングッズを物色することです。







ノースフェイス speedstar jacket

昨日、待ちに待ったノースフェイスのジャケットが日本の実家から
子供のお菓子と一緒に届きました。

speedstar.jpg

実は、このジャケット、購入したのが2月ぐらいで、すぐに送ってもらったのですが、待っても待っても
届かず。それでイタリアの郵便局に連絡をすると、”もう届け済みで受領のサインももらっています”との
返答。。。

やられた。。。。  

実は以前も実家からEMSで送ってもらった子供のおもちゃが、手元に届かずに郵便局に問い合わせると
同じくすでに受領のサインがあり、届け済みになっているということがありました。
ちなみにそのサインを見せてもらうと確かに誰かが、僕の苗字でサインをしてありました。
 まあ、おそらく郵便関係者内部の犯行でしょうが、イタリアではこんなことがよくあるので、今回も
やられたかと、しかも僕と嫁さんの2枚の値段を考えると、腹が立ってしかたなかったのですが、
あきらめてもう忘れかけていたころ、実家より”郵便局から送った荷物がもどってきた”という知らせ
が。 なんと2ヶ月たってその荷物が何らかの理由で日本に戻ってきたのでした。(これもよくあること)

結局再度送りなおしてもらったのですが、昨日届くまでやはり不安で不安で。。。

さて、このジャケット、トレイルランナーの鏑木さんが昨年よりしばしば雑誌などのメディアで
きられているのを目にして、かっこいいなと思っていたのですが、ノースの2010春コレクション
で発売されることがわかって、即購入ボタンをポチ。。。

ちょうどこの手のジャケットがほしいこともあったので、思い切って嫁さんと一緒に購入しました。

正直、もう4月なので平地でのランにはそれほど活躍する季節ではなくなりましたが、もう少し厚手の
生地だと思っていたので、意外と薄手なのが助かりました。

ゴアテックスのWINDSTOPPER素材の商品を手にするのは初めてですが、いいですね。趣旨が完全防水の
シリーズではなく、防風と浸透性を重視しているため、実際フィールドに出たわけではないですが、袖を
通して、GOATEX PACKLITEとも違った軽さとしなやかさを感じることができました。
思った以上に幅広い季節で使用できそうです。

はやく実際に使ってみたいです。 

okashi.jpg

おじいちゃん、おばあちゃん、お菓子もありがとう!

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

akio

Author:akio

peace run 2011 running across America

peace_run_2011_banner
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。