スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山ラン

ゴールデンウイークの初日、ちかくの山をゆっくり、まったり里山ランではしってきました。

P4291321.jpg

この山の裏側に回り込んで上の集落まで山を登り、表の峠を下って戻ってくるというコース。
ここはよく中学の時自転車でいきましたが、結構登りがきつかったのを記憶しています。

P4291304.jpg


P4291306.jpg


P4291314.jpg

山の上ではそろそろ田植えの準備。

P4291315.jpg

この神社、この前来たのは20年以上前。何も変わっていません。

P4291317.jpg

ゆっくり、まったりスローラン。でも自然を感じ、自分の街を走ることで違った角度で
みることができて、最近はまっています。

日本はイタリアよりも車道が安全なので走りやすい!!!

スポンサーサイト

アーチの痛み

10日前、嫁さんと一緒にハーフをはしったが、そのときに
右足のアーチを痛めてしまった。

2ヶ月ほとんど走っていない状況だったが、ジョギングペース
で走るなら大丈夫だろうと参加をしたのだけど、
18kmくらいから、痛さで6分後半・kmでもつらい状況で
10日たった今も、まだ普通に歩くだけでも痛む。

走ることをはじめたときには、シンスプリットがあったくらいで
幸い、トレイルを走っても膝の痛みも経験したことがなかったが
以外なところに痛みが発生。

ただ、ほとんど走っていない状況を考えると、今回なにか
へんな走り方をしていたのかなと思う。

思いつくことといえば、すこしまえからフォアフットの着地を
意識して、今回はその走法で20kmを走ったことでの弊害か。。。

最近フォアフットの有効性をよく聞くが、一方でトレイルや
長距離を目指すのであれば、トップ選手でも足裏すべてをつかって
着地している人も多いという。

今度日本へ帰ったら、一度お店のラボで走り方や自分の足の癖を
チェックしてもらおうと思う。

(こちらにはそういったサービス、もちろん存在しない)

今年初の山

昨日は嫁さんと昼から3時間ほど、近所の山へ今年初めての
トレランの練習へ行ってきました。

嫁は来月末の同コースで行われるレースの試走をかねて、僕はその付き添い
です。

nave1.jpg

新調のGARMIN FORRUNNER 310XTを僕に見せびらかし。。。。。。。

nave2.jpg

写真ではよくわかりませんが、かなり傾斜がきつい。 13KMのコース中、のぼりの高低差は650mほど
ですが、あなどれませんでした。傾斜がきついとかなりいい運動になります。

嫁さんはランニング自体を初めて1年あまりですので、僕よりも心肺機能はまだまだですが、
もともと筋肉質で、小さいときに器械体操やダンスをしていたので、足腰の筋肉がすごく、
この傾斜でもかかとを上げての登坂をしていました。彼女の目標は今は心配機能の向上です。

nave3.jpg

山頂の十字架のモニュメントより。

この前嫁さんが、友人と歩いていたら面白そうな坂道があって、とっさに
”面白そう、走ってみたい”といったそうです。

トレランをしている方ならこの気持ちわかりますよね。

でも運動をしない友人からは、”変人じゃない!”って言われたそうです。

でも、なんか坂道にチャレンジしたくなるところまで到達して満足!とのことでした。


モンテグリエルモへ

週末、嫁さんと二人でいつもお世話になっている山、モンテグリエルモへ
走りに行っていました。

5月に参加したレースとおなじコースをたどる練習です。

まずは、標高1000Mのバールを出発。

GIR1.jpg

約8kmは高低さ300mほどの道をはしります。
GIR2.jpg

途中で山小屋に到着

GIR3.jpg
ここから目の前の山の山頂を目指します
GIR4.jpg

水平的な距離はわずかですが、いっきに700mほどの勾配をのぼるので、結構きついかも

GIR5.jpg

山頂がもうすぐです。今年の夏はここに3回きました。2回はレースで。7月のレースadamello super trailでは
ここを通過したのが深夜でした。

GIR6.jpg

山頂には小さな礼拝堂と前ローマ法王の銅像があります。

GIR7.jpg
しばし休憩。

GIR8.jpg

のこりの10kmはくだり。

GIR9.jpg

さっきの山頂はあの山の上です。

GIR10.jpg

これなんだかわかりますか? 実はイタリアやフランスではよくあるのですが、もうすぐ狩猟の季節になり
近隣の山は週末はハンターでにぎわいます。でこの写真にはないですが、この小屋の周りに鳥の巣箱をおいて
野鳥をおびき寄せ、小屋の中から撃つらしいです。それまでハンターはこの小屋の中でじっと待っているというわけ。なんとも素敵な趣味ですね。

最近は狩猟への風当たりも強いですが、やはりヨーロッパは、日本とは比較にならないほど狩猟が盛んです。
あまりいい気持ちはしませんが。彼らは彼らで自分たちの権利を主張します。

でもハンターってもれなく腹がでたタイプの人ばかりですよ。ランナーとは対極です。

ということでこの日は23kmのトレランを楽しみました。






ロードの練習

今年ももう9月。こちらもあと2ヶ月でトレランのシーズンはoff seasonになります。
僕たちもトレランのレースは10月と11月の2回になりました。

秋から春先にかけては、逆にロードのレースがふえてきますが、昨日久しぶりにロード
で練習をしました。というかロードでもよく走るのですが、昨日はレースを意識して
久しぶりにビルドアップ走をしたのですが、きつかった。。。。

最近ずっとトレイルを意識していたので、あまり平地では心拍を追い込まないkmあたり
6分ー6分半のペースになれていたので、5km+5km+5kmのビルドアップが
つらいつらい。

昔、学校で走らされた嫌々マラソンを思い出しました。

最近スピードを意識した練習はご無沙汰だったので、何度かしたらまた感が戻ってくるのでしょうが

やはり、タイムばかりを意識してゴールまで我慢大会のようなマラソンよりも
長くても、登りがきつくても、トレイルのほうが自分にあっているなと思いました。

でも、ロードでもいつかウルトラはチャレンジしてみたいですね。

走り終わった後、股間の大切なところが痛くて痛くて、家に帰るのが大変でした。

ランニングショーツのインナーとこすれて、切れてはいませんでしたが、血がにじんでいました。

皆さん、走るときはどうしていますか? 僕はレースのときはワセリン塗っていますが、
股間とかお尻ってこすれて炎症をおこすと走れないですよね。。。

プロフィール

akio

Author:akio

peace run 2011 running across America

peace_run_2011_banner
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。