スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアのトレランアイテム事情 コンプレッション編

先日の記事の続きというか補足です。

日本の雑誌をみていると、ロード、トレイルにかかわらずいろんなコンプレッションタイツ類
がありますよね。

一方ここイタリアではあまり見ることができません。

ヨーロッパの他の国、特に英、仏それにスカンジナビアあたりの国では、もう少し流通しているようですが。

先日来すこし触れたskinsで例を挙げてみます。

僕もskinsのタイツは1枚持っています。ちなみに英国のウェブショップで買いました。どうしてかというと
イタリアでは見つけられなかったこと(1年半くらいまえ)日本で買うより安かったことでした。

イタリアでも最近はちょくちょく見ることがありますが、それでもまだ少数。そんななか住んでいる街にある
ランニング専門店を先日初めて訪れたらskinsがありました!

僕の友達の元同僚がオーナーなので、いろいろと話を教えてもらいました。

ます、skinsの流通、認知度に関して。これは残念ながら市場に入ってきたときから殆ど横ばいだそうです。
その理由ですが、

圧倒的なPR不足。 結論を言うと代理店の販売力が弱すぎるそうです。僕は日本でどのようにSKINSが認知されて言ったかわかりませんが、決して安くない商品、でもTVまでとはいかずとも雑誌で定期的に宣伝したり、有名な
アスリートが使っていると、やはり興味が出てほしくなってきますよね。
ここはそういうのがないんです。


一般的にイタリアには小さなアウトドア代理店がいっぱい存在します。でも彼らは総じて小規模で全国を自分たちの営業部隊でまかないきれません。よって各エリアにセールスレップのような販売代行をかかえているのですが、
販売代行の出来は人によって天地ほどの差があるのと、彼らは売っただけコミッションが入るので、ブランディングなんか問題にしていません。

で、なかのいい小売店の客先などにSKINSおいてくれと頼みかけるわけですが、雑誌での宣伝なし、話題もなし
コンプレッションタイツって?みたいな市場で、あの値段では売れるはずがないですよね。

結果、店頭で売れず引き上げられるー>販売不振ー>代理店の鞍替え
で、一向に市場に認知されないようです。

これは、彼が実際SKINSのこのエリアの代行もかねて売っていたのでその経験からの話です。

さて、英国で、結構お買い得値段で買えるWEB SHOPがあるんです。

ひとつは日本でも有名なWIGGLE. ここはメインがサイクル関連ですがランニングもロードを中心に
充実しています。SKINSは扱っていませんが、2xuなどは結構安いと思います。
ある程度買えば日本までも送料が無料とのことなので、まとめ買いなどをすればお得だと思います。
僕もよく使用します。

もう一軒はコンプレッション専門のcompressionyourself.com
使用したことはないですが、ここもskinsをはじめコンプレッション関連が充実していて
お買い得です。今は円が強いので特に日本からは買い時かも。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

akio

Author:akio

peace run 2011 running across America

peace_run_2011_banner
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。